女性でも安心してお金を借りるための方法

女性でも安心してお金を借りるための方法

キャッシングを利用する人の8割が男性と言われていますが、近年働く女性が増えたことによりキャッシングを利用する女性が増加傾向にあります。
女性でも気軽にキャッシングができるようになりましたが、やはりまだまだ男性向けのキャッシング対応だと色々な不満や不安もありますよね。キャッシングの契約までの間ももちろんそうですが、契約後の対応も不安で利用しずらいと思っている女性もたくさんいると思います。
そこで、女性でも安心してお金を借りるための方法をいくつかご紹介いたします。
これからキャッシングを検討している女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

即日融資可能で低金利のキャッシングランキングはこちら>>

 

女性がキャッシングする時に不安なのはどんなところ?

女性にとって、男性が思いもよらない部分を不安に思ったりすることもあります。
どんな時に心配になることがあるのか、まとめてみました。

  • 電話の応対が男性だから威圧的な雰囲気がある
  • カードのデザインなどが男性向けなのでひとめが気になる
  • わからないことがあっても相談しにくい
  • 店舗での対応が怖い

多くの声のなかでやはり一番多いのは「対応が威圧的で怖い」という意見です。
私も実際に契約しているところに電話をするのは緊張しますし、なんでも相談してください、と言われてもはっきりいって威圧的な感じがして相談なんてとてもじゃないけどできません。
また、店舗でスタッフが出てきて親切に応対はしてくれるのですが、やはり男性が目の前に立っていると思ったように話をしたりすることはできませんでした。限度額についても話しづらいですし、そもそも男性とお金の話をするのもあまり気が進むものでもないですよね。

 

もし、対応してくれる相手が女性だったら、もっと色々相談もできるし話もできるなと思ったことはありませんか?
私はずっとそう思っていたのですが、実はすでにあったんです!
女性でも安心してお金を借りるための方法をご紹介いたします!

 

女性専用レディースキャッシングとは?

女性が安心して借りることができる、レディースキャッシングは女性専用のキャッシングです。
レディースキャッシングはどのキャッシングにもあるわけではなく、あるところとないところがあります。
女性にとってはメリットばかりなのでぜひ、レディースキャッシングを利用してもらいたいところです!

 

それぞれのレディースキャッシングでメリットは色々と違いますが、レディースキャッシングと名前のつくキャッシングサービスの中で共通のサービスについてご紹介します。

 

レディースキャッシングの特徴
女性スタッフが対応してくれる

店舗に行っても、電話でも、WEBでも、どのような契約方法でも全て女性が対応してくれます。
また、契約後のトラブルの連絡や、相談、うっかり返済し忘れてしまった時も、全て女性が対応してくれますので、怖い思いをすることもなく安心してキャッシングを利用することができます。

 

カードデザインの配慮が素晴らしい

これは気にならない人は気にならないと思いますが、私はかなり気になりました。
カードのデザインが男性向けのような無機質なデザインだと、お財布に入れた時にすごく目立ってしまいます。
レディースキャッシングのカードは爽やかな色を使っていたり、花柄が入っていたりとまるでデパートのカードのようなさわやかなデザインなのでお財布の中で浮きません。
これ、結構重要なポイントだったりするんですよ♪

 

通常のキャッシングと限度額は同じ

レディースキャッシングだからといって、借りられる金額が低かったり少なかったりするということはありません。
ちゃんと、通常のキャッシング同様に審査もありますし、限度額も同じ。
さらにいうと、金利も同じですし、返済方式なども全て同じです。
レディースキャッシングをおトクに利用できるキャッシングと思っている方にとってはメリットではないかもしれませんが、通常通りの借入ができるので大きな金額のキャッシングも安心して利用できます。

 

レディースキャッシングは、女性目線で考えられているキャッシングなので、今までお金を借りる以外に感じていたストレスがなくて安心できるのが一番のメリットです。
お金の問題はデリケートな問題なので、女性の方が女性向けのアドバイスをしてもらいやすいというメリットもありますし、返済の悩みや相談も気軽に話せますよね。
女性でもし今利用しているキャッシングに「レディースキャッシング」があれば、そちらに乗りかえることをオススメします。
女性にとってデメリットは全くありませんので、安心して利用できると思います!

 

兼業主婦、専業主婦では申し込めるレディースローンが違う!

専業主婦でもお金が必要なことはあるはずです。

たとえば、旦那さんが急な退職や転職でお金が急きょ必要になることもありますし、子供がいれば学費や養育費、生活費が足りなくてなんとか補填しなくてはならないこともあるでしょう。

 

専業主婦の場合は、自身に収入がありませんよね。
かといって、専業主婦はお金を借りられない、というわけではありません。
ですが、専業主婦専業主夫の場合は、兼業主夫とはちがい、借入の申込ができる貸金業者や金融機関が限られています。
そのため、兼業主婦や仕事をしている女性とは申込を区別して考えることが必要です。

 

専業主婦が申し込めるキャッシング・カードローン

専業主婦の人が申し込むべきキャッシング・ローンとは、ズバリ、銀行系のカードローンです。

消費者金融のキャッシングは、総量規制という貸金業法上で定められたルールのために、借入を行う本人に収入があることが義務付けられているからです。

 

銀行系カードローンは、この総量規制というルールの対象外。

 

そのため、自身に収入がなくても、旦那さん(夫、配偶者)の収入で審査を受けることも可能になります。
とはいえ、銀行系カードローンのなかでも、専業主夫への貸付をすべての銀行が行っているわけではありません。
そのため、はじめから専業主婦を対象にしたキャッシング・カードローンを売りにしている銀行系カードローンを選ぶことが大切になってきますね♪

 

専業主婦にオススメの銀行は?

わたしが専業主婦の女性で借りやすい銀行を選ぶとすれば、1位は「新生銀行のレイク」です。
配偶者に安定した収入があれば主婦でも貸し付けをしてくれることを明記しているので安心!
また、初回のみではありますが、借入から30日間無利息or5万円までの借入なら180日間無利息と、自分の都合に合わせて2つの無利息期間が選べるのも魅力です。

 

しかも、他の銀行では必須ということが多い、配偶者の同意書も不要!
そのため、どうしても配偶者にバレないでお金を借りる必要がある人には最適な金融機関です。

 

専業主婦のキャッシングで注意したいこと2つ

そう、じつは専業主婦でも配偶者の同意書もなしにお金を借りることは不可能ではありません。

しかし、だからといって、黙ってお金を借りるということは、信頼に関わるリスクがあるということも覚えておかなくてはなりません。
家計が回らない、学費が必要、ショッピングしすぎてしまって……どんな理由であれ、お金の問題は家族で解決していかなくてはなりません。

 

そして、お金を稼いできてくれているのが配偶者である場合、やはりお金の相談をちゃんとしておくことはとても大切なこと。
同意書がなくても借りられるから、言わなくていいや、というのは後々のトラブルになりかねません。
「お金がこれだけどうしても足りないから借りたい」と相談してみてから借りるのがベストでしょう。

 

また、バレずに借りたい人は、必ず返済に遅れないよう返済計画はしっかり立てましょう!
いくら配偶者同意書なしで借りられ、プライバシーに配慮しているとはいっても、返済が遅延している、放棄している状態では必ず収入源であるご主人に連絡がいってしまいます。
返済日までに必ず返済する、返済し終わっていないのにキャッシングを繰り返すことがないようにしたいですね。

 

専業主婦はどれくらいのお金が借りられる?

配偶者の年収で申し込むことで専業主婦でも審査に通ることは可能になります。
しかし、審査に通った場合も、収入がある本人が借りる場合よりも、借りられる金額は少な目に設定されることがほとんどです。
専業主婦の場合、ほとんどの場合は、20〜30万円の限度額ということが多いでしょう。
配偶者の収入や勤続年数、他社からも借り入れがある場合は、10万円程度ということもあります。

 

もちろん、これは契約したばかりの状態です。
何度か借りて、ちゃんと期日までに返済することで、限度額は少しずつ引き上げられていきます。
ですので、もしある程度まとまった金額を借りたいなら、最初から配偶者に話して、配偶者名義で契約してしまったほうがスムーズです。
それか、少しずつ借りては返しを繰り返して限度額をあげていくしかありませんね。

 

兼業主婦に最適のキャッシング・カードローンは?

それでは、今度は自分自身に収入がある兼業主婦さんがお金を借りる方法を紹介していきましょう♪

自分自身に収入がある場合は、銀行系カードローンでも消費者金融のキャッシングでもどちらでも申し込むことができます。
しかし、銀行と消費者金融、それぞれの傾向を理解しておかないと、思わぬところで審査に引っ掛かって落ちてしまうことがあります。

 

正社員の人、勤続年数が長い人、借入までに数日待てる人は銀行系カードローンがオススメ

正社員で働いていていて、勤続年数が2年以上、という人は銀行系カードローンがオススメです。

 

銀行系カードローンは消費者金融のキャッシングより金利が低いため、利息を含む返済額が少なくていいという大きなメリットがあります。
銀行系カードローンは消費者金融より審査が厳しい傾向があり、アルバイトやパートな人では申し込んでも審査で落ちてしまう可能性が高いです。
そのため、正社員など職歴が安定している人は、利子を少なくお金を借りることができる可能性が高いです。

 

しかしデメリットもあります。
それは、消費者金融よりも融資までに時間がかかってしまうこと。

 

基本的に銀行系カードローンは、契約する銀行に口座があることを前提としていますし、消費者金融より審査のスピードも遅くなってしまいます。
そのため、借入開始までに1週間程度かかってしまうこともザラにあります。
それまで待てるのかは考えておく必要がありそうです。
即日融資や、3日後までに絶対借りたい、というような場合には、やはり消費者金融で借りるほうが安全と言えそうです。

 

ですから、まずは急ぎで必要な分だけ、消費者金融で契約して借りておき、そのあいだに金利の低い銀行でも契約しておくという手もありますね!

 

派遣社員、パートタイム、アルバイトの人、急ぎでお金を借りたい人は消費者金融でキャッシングを!

消費者金融は、契約社員の人やパート、フリーターの人でも借りやすい傾向があると言われています。

各社の審査基準はオープンになっていませんが、やはり銀行に比べて借りやすさはかなり高いと言えるでしょう。
また、正社員でも勤続年数が短く、銀行から融資を断られてしまった人でも、消費者金融なら借りられるということも。

 

また、最短審査30分、借入まで1時間など、とにかく借入までのスピードを重視する人には、消費者金融は最適です。
銀行とちがい、夜間や土日、祝日祭日でも申し込めますし、とにかく時間と場所を選ばないのが強みですね。

 

消費者金融は先述したとおり、銀行系カードローンに比べて金利は高めです。
しかし、そのかわりとてもオトクな無利息期間が用意されている消費者金融が増えています。
一定期間の間、本来なら必要な金利が無利息となりますので、このシステムを利用することで、銀行よりも支払いを少なくすることも不可能ではありません♪

 

女性向け!即日融資可能で低金利のキャッシングランキングはこちら>>